大きくなっても、大人になっても色褪せない絵本の効果

成長し、大人になっても、絵本の必要性を実感します。


小中高校生になると、自分から本を読み、様々なジャンルのあらゆることを学び、知識として蓄えていきます。

テレビやゲームのように、誰かが作り出した、既に完成されたものをこなすだけの行動は、何も頭を使わなくてもできる、つまり一切苦労せずに、簡単に手に入る娯楽です。気分転換としてはそれも良いのですが、自分自身のスキルを高め、知識を増やし、成長するという点においては、本が必要です。

本は、自身の目で読み、自身の脳で理解するために、自身にわかりやすく噛み砕いて消化して、自身の血や肉に変えていきます。

つまり自分自身の能力や財産にしていくために、数々のステップを踏まなければならないのが本です。

今注目の絵本に関する耳より情報です。

だからこそ、その身に馴染んで、情報を確かに取り込んでいけるのです。

読むことの大切さを知り、本を読もうという意欲を沸き起こす原点は、絵本です。


すべては、お母さんが読み聞かせてくれた一冊の絵本から出発するのです。


基礎がなければ家が建てられないのと同じで、絵本という基礎によって、将来の本を読む習慣が構築されいきます。
本を読む習慣は、常に自身の知識を増やし、様々な物事を正確に把握し、理解できるだけでなく、人間の感情を読み取るスキルも向上させます。

まさに、本とは万能の参考書とも言えますが、本を読む意欲と、本をその身の糧とする能力を作る原点、基盤が絵本なのです。

書籍 通販情報について考えます。

赤ちゃん、幼児期の絵本の読み聞かせは、大きく成長してもなお、人間の財産です。そして、一人の人間を形成する一部です。

絵本によって、育み培われてきた知識や心は、そのまま、その人間の性格の輪郭を描きあげ、学力において確かな土台を作り上げ、学びたいという前向きな向上心を生み出します。


大人になった時、その人間を構成するあらゆる要素は、幼き日に、お母さんによってもたらされたあの一冊の絵本から、一つ一つ作り出されて、積み重ねられてきたものです。
絵本の読み聞かせという、貴重な経験とその効果は、大きくなっても、大人になっても、永遠に失われることはないのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!